2014年01月20日

好感度の高いベッキーが嫌われはじめた3つの理由〜そのB〜

Techinsight_20131226_82465_1.jpg

〜その@ 好感度UPに必死〜
〜そのA 裏表のある性格〜

に引き続き、ベッキーさんの好感度が下がってきた理由を紹介します。





■ 有吉に付けられたあだ名

ベッキーさんは数年前に、某お笑い番組で有吉さんから「元気の押し売り」というあだ名をつけられました。

このあだ名は的確に表現してるとネットでも

・「よく言ってくれた」
・「その通り」
・「秀逸なあだ名!」

と評判です。


ベッキーさんあだ名をつけられたことに対し落ち込んでいたらしいのですが、インタビューに対しては「すんごく嬉しかったです!」と、ポジティブさを見せつけたそうです。


あだ名によって視聴者が、それまで「元気の押し売り」を無意識に感じていて、鼻についていたことを気づいたのかもしれません。


さらには「よく見りゃブス」というあだ名もつけられています。

こちらも納得する部分があったのかもしれません。


「元気の押し売り」「よく見りゃブス」という、バッシングするには使い勝手の良いあだ名が2つもできてしまったことは徐々にベッキーさんのイメージ低下につながったのかもしれません。

関連記事
@ 好感度UPに必死
A 裏表のある性格






posted by てれねっと at 20:36 | Comment(1) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
クラスのリーダー格が「次のターゲットはアイツな」と言う
イジメのターゲットを探してたクズ共が、それに群がる構図だ
それを肯定しているお前も同じクズだ
Posted by at 2016年01月24日 17:22
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。