2014年01月21日

傷害罪で逮捕歴有りのデヴィ夫人が女性に暴行?挑発指示したTBSはとんずら


デヴィ夫人が一般女性とトラブルを起こし、捜査中だそうです。

調べてみると過去に逮捕歴もありました。




タレントのデヴィ・スカルノさん(デヴィ夫人)が、TBSのバラエティー番組の収録中に一般の女性出演者(33)を平手打ちしたとして、トラブルになっていることが警視庁への取材でわかった。女性は被害届を提出し、同庁は暴行容疑で捜査している。

 警視庁によると、デヴィさんは1月9日、「奥様はモンスター2」(15日放送)の収録に参加。「奥様は女王様」というコーナーに出演した女性が「デヴィ夫人も男性を虐げている」などと挑発的な発言を繰り返したことに怒り、女性の顔を3回平手打ちした疑いがもたれている。スタッフが止めに入ると、デヴィさんはスタジオを出て行った。

 女性は番組スタッフから事前に「嫌な女性を演じて番組を盛り上げて」と言われていたため、アドリブでデヴィさんに絡んで挑発したという。放送ではこのコーナーはカットされた。

 TBS広報部は「当事者間で起きた事案なのでコメントは控えたい。外部制作の番組のため、どういう演出があったのかわからない」と説明。デヴィさんの所属事務所は取材に「本人が海外に行っているので確認できない」と話した。

朝日新聞デジタルより引用
http://www.asahi.com/articles/ASG1N5J2QG1NUTIL02R.html



■ 過去に逮捕歴



1992年1月2日にアメリカ合衆国のスキー・リゾート地、コロラド州アスペンで、セルヒオ・オスメニャ第4代フィリピン大統領の孫娘のミニー・オスメニャ(Minnie Osmena)の顔をシャンパングラスで殴打し、37針縫う大けがを負わせて傷害罪で逮捕され、禁固60日・罰金700ドルの実刑判決が出て、34日間収監される。動機は、数ヶ月前スペインのイビサ島でのパーティに於いて、ミニーが「フィリピン副大統領になる意志がある」と発表し、デヴィ夫人が吹き出したことから2人の関係が悪化したため。後に「刑務所での生活は学生寮のようで楽しかった」と語った。

ウィキペディアより


シャンパングラスで人の顔を殴るって、相当危険ですよね。

もともと怒ると手が出る性格なのかもしれません。



■ 挑発させたTBSは知らん顔

挑発を支持したというTBSですが、

・「当事者間で起きた事案なのでコメントは控えたい。
・「どういう演出があったのかわからない」

と責任逃れ。

これに対してネットでは
・「これTBSが悪いだろ」
・「やらせじゃん」
・「TBS訴えろよ」
・「やらせで殴らせといて被害届だすとか当たり屋じゃねえか 」

とTBSに対しての批判が殺到している。

デヴィ夫人の行為はよくありませんが、その前に手をあげされるような状況を作ってしまったことにも問題がありそうです。

しかもデヴィ夫人は73歳のご高齢です。

怒らせたり、興奮させる演出は控えた方が良いのでは?

この一件で、「もうテレビに出ない方がいい」との意見もたくさんあるようです。

今後どうなるのかしばらく見守ってみましょう。






タグ:デヴィ夫人
posted by てれねっと at 11:18 | Comment(0) | 女性タレント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント:

カテゴリ
×

この広告は180日以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。